妄想のタネ

 
・ジェラートにハマりイタリアに行きたいライラさん。
ローマの休日。

(2017.05.12)

 
・シンデレラガールズ劇場457話、フェイフェイが鳩にまみれるのだが、鳩といえばそうライラさん。ミステリアスシエラザード特訓前にて懐かれていた。(ロボフレンズ初出のイベントであった)晶葉が「公園の鳩にあげてもいいと思うぞ!」というナイスアシストをしているように、豆をもってフェイフェイを助けに行くライラさんとか……後日鳩に怯えるフェイフェイを連れて近くの公園で馴染みの鳩達と触れ合うとか……こう、どうでしょうか。

(2017.05.12)

 
・SNSやブログはやらなそう。家出事情からか、日本語の壁か、経済的にか。とにかく、ファンのみなさんは新作アイスやご当地アイスを見るたびにライラさんを思うのだが、その場で伝える手段がない。握手会やサイン会は報告会になり、ファンレター(劇場拡大版で存在を確認)にアイス屋のDMがまあまあ混ざる。サーティワンの新作が出た日にファン同士でうっかり会ってしまい苦笑い。

(2017.05.12)

 
・イチャつき禁止、という標識が存在する。イスラム圏の公共の場では当然、ということで、観光客が多くゆるゆるのドバイに注意書きがあったりするらしい。なるほど。
日本にはそんなものはない! 存分にイチャイチャしてくれ!!!!

(2017.05.03)

・ほんの日常ネタかもしれないが、もしライラさんが普通の高校に通っていた場合、うっかり日曜日に制服で出てきちゃった! という4コマみたいなことが起こりうるのでは? ドバイは木・金(2006まで)/金・土(2017現在)が休みで、日曜日は週のはじめで平日となる(金曜日はイスラムのモスク礼拝の日で外せないようだ)。祝日も一律でなく、公務員(UAE国民が多い)と民間とでまちまちだったりと面白い。
うっかり平日の気分で行動したライラさんは、きっと素敵な休日を外で過ごすことでしょう。

(2017.05.03)

 
・ニューイヤーもクリスマスも大切な思い出。でも、そこに1つ知識を入れるだけで、更に心が豊かになる……かもしれない。まず、ドバイには同じ趣の時間はない。クリスマスはイスラムの縛りのゆるい商業地区にそっとあるかもしれないが、ニューイヤーは頭がおかしい。盛り上がらないのではなく、やりすぎなのだ。カウントダウンでそこかしこから打ち上がる花火、またビルから吹き出す花火は6分間でその数50万発(2014ギネス記録)。隅田川花火大会で2万発と言えばその狂乱が伝わるだろうか……。
ということで、ライラさんの『クリスマスは装飾やイベントに盛り上がり』『ニューイヤーは(LIVEでなく)晶葉・千鶴と鍋をつついて安らぎ』と違うベクトルの楽しさを想像したいところ。

(2017.05.03)

 
・航空機について調べてみた。羽田からドバイまで、約12時間だそうだ。しかしこれは旅客機の限界。『プライベートジェット』ではどうなるか。東京ードバイ間はおよそ8000kmで、マッハ0.85の低高度航行給油なしとすると9時間弱で到着する。
あるいは戦闘機であるなら、最速マッハ3の給油1回で3時間ほど、という計算になる。
そう、『ご家族』が文字通り『飛んでくる』……時間制限の話。

(2017.05.03)

 
・『ガールズロッカー+』から見るに、ドラムスティックのチップ(先端)はティアドロップ形であり、(球形と違って打面との角度によって出る音が変わるため)そのプレイにはテクニカルな素質または嗜好が窺える。
……きっと、ごく最初は(特訓前カードのように)割り箸なんかで練習していたが、ステップアップとして初めてのショップに。店員さんとお喋りをして(ここ大事)、試し打ちをさせてもらって選んだものと思われる。
相伴のアイドルがいてもおかしくない(なつきちとか涼ちゃんとか。変わり種としてはLMBGで太鼓の薫ちゃんが3ヶ月程前にRとして出ており、なんとティアドロップのスティック)が、アイチャレであることを考えるとPとであって欲しい。
ライラさんは『直感で選んだ』『楽器の経験などから指先の繊細なコントロールが身についている』『誰かとお揃い』どれもありうるからこれ以上の言及はできない。
ちなみにジャズのプレイヤーに多い持ち方(レギュラーグリップ)ではない。アラビアンジャズとの接点生まれず。……まあカード映えを考えると仕方ない気もする。
あ〜ライラさんのシグネチャースティック欲しい〜〜 ドラマーPの夢

(2017.05.03)

 
・UAEは非常に暑く、日差しが厳しい国である。日本と違い雨も珍しく、そして厳格でないもののイスラム教国であるため、アバヤなどの覆うタイプの衣服で日よけをしている。
本題に入ると、ドバイではキャップをかぶるようなシチュエーションは無く、帽子着用者は『よその人』なのである(頭に纏うのはヒジャブになる)。『ロックI.C』の装いを考えると、意外とノリノリな彼女にはユニオンジャック柄のTシャツも含めて別の人柄へのなりきり・新しいことへの挑戦といった心の動きもあったのかもしれない。

(2017.05.03)

 
・『ミステリアスシエラザード+』で持っているマイク、これはいわゆるガイコツマイクというやつである。良くも悪くもオールドファッションであり、ロッカーに一定の支持のあるインパクトの高いフォルム。ド定番はSHUREの55SHというモデルだが、カードから推察するとREXERのM-150Gが非常に近い。なんと国産ブランドであるが、残念ながら2013年倒産。当然廃盤商品である。カードは2014年4月初出なので、なんとも言えない。

(2017.05.03)

 
・2017年2月、突如ガーナで遭遇したユニット『ライラさんとアコさんの世界お宝発見』。
テレビ番組のロケと信じたいが、その場合には初め出演交渉が為されたはずである。
スタッフ「出演にあたってライラさんに何かNGはありますか?」
P「オイルマネー以外のお宝発見はいけます」
スタッフ「え、いやそういうことでなく……」
当然アウトである。

(2017.05.03)

 
・彼女の出自を考えるにあたり、かなりの問題として立ちはだかるのが宗教だと思う。
ここは願望だけだがハッキリ書いておきたい。イスラム教徒であってほしくはない。
理由は至極簡単『イスラム教徒は基本的にイスラム教徒としか結婚しないから』である。
無論、ドバイほどゆるいとそんなコーランの教えを見なかったことにする者もいるだろうが、問題は両親なのだ。
改宗するまで嫁にやるなという旨が明記されている以上、どこかに軋轢が生じてしまう。
肌の露出などの異国のごまかしが利く範囲を越えてしまう……。優しい彼女を裏切らせることはできない。
――え? 相手もムスリムになればいい? ハハハご冗談を。次をご覧ください。

(2017.05.03)

 
・UAEは自国民への圧倒的な優遇措置がなされている。簡明に言うと、大して働かなくてもいいのだ。
杏ちゃんがキラキラした目で見てこようが、国籍による優位である以上はどうしようもない。
これが逆説的に意味するのは、ちょっとやそっとではUAEの国民にはなれないという証左という……。
なんたってドバイ人口の8割は外国人で、更にその半分はインド人だったりする。ほいほい帰化を認めては福祉が成り立たない。また、イスラム教国であるからには男尊女卑の色は否めない。
……そんなところへの婿入りなどというのは、いくつの高いハードルを越えるべきなのか、というお話。

(2017.05.03)

 
・『ミステリアスシエラザード』のシエラザードは、『千夜一夜(アルフ・ライラ・ワ・ライラ)』に登場する女性。シェヘラザード、の方が一般的。
王シャフリヤールが妻の不貞にブチ切れた結果、どこをどうしてか毎日新しい処女と過ごしては翌日殺す暴君になる。殺すことでかつて得られなかった永遠を手にしたつもりなのかもしれないが、それは不貞とは言わないんでしょうか。まあともかく、妹がその犠牲になるのを防ぎたかったシエラザードは、暴君に召された際に「今夜お話しした物語の続きが気になるなら、明日をお楽しみに」という天才的な手を打つことで命の綱渡りを続けるのだった。続きはWEBで。
さて、長々ときたが、大切なのは一つだけである。
「ライラさんに妹ね、ふーん、なるほどね、そういうのもあるかもね。いや別にね、へぇ」

(2017.05.03)

コメント

  1. ひよまる より:

    ここのコメント欄は、本文と同じように吹き出しになって表示される方が楽しそうですかね……?
    利用者も妄想のタネを蒔ける、という感じで。

トップへ戻る