モバマス実践 ゲームと資産編

この記事は『モバマス』初心者さんへというページの続きです。

前記事ではモバマスに興味を持ちはじめた方に向けて、不安の解消やプレイしての感想なんかを述べました。
当記事は「いざモバマスはじめるぞー」という方へのガイドになれたらなあと思っています。ではどうぞよろしくお願いします。(内容チェック 2017/11)

目指すところ

最初に、この記事でこれから目指す段階を示します。
もちろん対象はモバマスを開始したばかりの人です。

  • 1.担当のこれまでのカードを(フリトレなどで)集められる
  • 2.イベントを上位報酬”以外”回収できる(次以降の準備ができる)
  • 3.ガチャがきた時に何ができるか知る

3つに分けましたが、目的は一貫していまして『気になるカードを回収できる態勢を整える』ということです。
ゲームを楽しみたいというのも分かるのですが、こうすると楽しい……というよりは、やっているうちに自分が楽しくなることが分かる感じです。

そういうわけでこの記事の基本方針は「始めたばかりの人の行動決定の負担を減らすこと」です。
では順を追って参りましょう。

スタート〜チュートリアル

http://mbga.jp/_game_intro?game_id=12008305
これがアイドルマスターシンデレラガールズのページです。
PCから見てもプレイ開始できないので、スマートフォンから見ましょう。
(PCから触りたい人は、AndApp版やブラウザのユーザーエージェント偽装について調べてください)

※TwitterアカウントなどSNSアカウントで始めたい人は『既に会員の方へ』というボタンから入って認証をしてください。
どうせあとでMobageの会員登録はするわけですが少し楽になります。

さてチュートリアルですが、まず『属性を選んで』と言われます。重要なのはここだけです。
後で変えることができないのはこの選択くらいなもの。どれを選んでも有利不利はないですが、

  • 他の人からも見える
  • 選んだ属性のカードがちょっと強くなる(後に他の属性へのボーナスも得られるので影響は序盤だけ)

といった違いがあります。序盤の土台のためカード相場の安い属性(Paといわれる)を選ぼうという意見もありますが、現在は正直大差ないです。担当の属性を選べば後悔することはないでしょう。
(筆者は全般的に好きだったのがパッションだったのでライラさんPながらPaタイプです。ちょっと浮くけど困ることはない)

あとはチュートリアル中にアイドルを特訓させることになりますが、そこだけ罠です。
特訓後のステータスには特訓前のステータスも反映されており、レベルMAXかつ親愛度MAX演出を見た状態(特技レベルや人気度の数値は関係ない)のカードどうしを重ねる(特訓させるという意味)、通称MM特訓をしないとステータスは最大値になりません。
NやRはそれでもいいですが、それなりのSRで非MMをやらかすのは悲劇です。ご注意を。

マイスタジオに来た


時によりいろいろなログインボーナスやキャンペーン告知を経て、マイスタジオという基本のページに来たと思います。
ほぼ全てのページはここから2クリックで行けます。困ったら戻ってきましょう
数字とバナーがずらっと並んでて分からんわ! となりますが、画面の解説には移りません。
やってるうちに慣れてきます。
(分からないことを前提に進めていくので安心してください。)

個人認証

とても事務的な話になるのですが、上部メニューの『フリートレード』を押すと出てきます「個人認証してね」的なページです。携帯電話の番号を使った本人認証で、これをしないでシンデレラガールズを楽しく遊ぶのはほぼ不可能です。
なにが出来るとか出来ないとかは述べません、これが出来ないならモバマス諦めましょうというレベルです。
様々な事情があるかもしれませんが(筆者もとても抵抗がありました)、この認証でSMSから迷惑メールが! みたいな不利益には遭っておりません。
認証していることを前提にしますので、よろしくお願いします。
正直、これ以上に心理的につらいことはこの先ありませんでしたね。

フロントの強化

まずは「スタミナが溢れる……」「イベントやってる……」など思う心をおさえて、戦力の強化をします。
消費するガソリンよりも車体の方が大事!

どう強化するかというと『フリートレード』という機能を使います。
開始直後なら一択です。なぜなら、最初はどんなに良いカードを手にしようが自分で育てることが難しいのです。その点フリートレード(以下フリトレ)は他のプレイヤーとの交換のため育成済みのカードがサクッと手に入ります
別にズルくないです。
フリトレですが、トレードと名にあるようにこちらも何かを差し出さなくてはいけません。
その辺りも含めての手順をどうぞ。

1.贈り物(レッスン&特訓の左のアイコン)から受け取れるものを全て受け取る。

2.『ジュエル』がある(と思う)のでそれでガチャ。
(続きますが、一旦ガチャの説明を挟みます)

ガチャについて(かんたん)
上部タブからガチャのページに飛びます……と、色々種類があって驚くかもしれません。
かんたんにまとめますと

・モバコイン(MC)/シンデレラコイン(CC iOSアプリ版のみこちら) という有料通貨でのみ引けるもの
・ジュエル(ゲーム内で獲得できる)で引けるもの
・チケット(アイテム)で引けるもの
・友情ptまたは一日一回無料で引けるもの(ローカル)

以上4種類です。それぞれの特性なんかは置いておいて、今回触れたいのはジュエルで引くものです。
(ローカルを除く)モバマスのガチャの基本として、アイドルのカードを引く以外のおまけがつきます。
何と言ってもこのおまけの方が大事なのです!
その副産物には追加の福引やイベントのためのアイテムなどもありますが、今回欲しいのは『スタミナドリンク』。

これです。背景が青いものは『マイ』とついているドリンクなので別物。
Myとは何が違うかというと『他のプレイヤーとトレードできる』のです!
この一点が大事で、モバマス内での通貨として機能しています(イベントで切羽詰まったPは泣きながらアイテムとして飲みます)。『スタドリ』や、Myと区別するため『生スタ』と呼ばれます。
ちなみにもう一つの通貨として生エナジードリンク(背景は紫)もあります。
これが1つあるとないとでは序盤の安泰さが全く違います、大事にしましょう。

様々実施されているガチャの中からこういうものを探してください。
1回につきスタミナドリンク1本が贈り物に送られます。
3000ジュエルあれば10回でスタドリ13本というガチャもあります。
ぜひご利用ください。

正直ガチャ自体で得られるカードにはそこまで期待できません。ただし、SRを引けると得られるかもしれないものに
・肩書
・ローディングキャラ
・エピソード
・ぷちデレラ(序盤は大事!)
・ぷち衣装(大事!)
がありますので、このへんはとても喜ばしいです。 (大事なのは後で説明しますね)

3.スタドリを使ってフリートレード
(続きますが、また説明を挟みます)

フリートレードについて(かんたん)
今度はフリートレードのタブへ。
フリートレードの基本的な仕組みですが、フリートレードチケットを使ってシステマティックに取引をするだけです。
チケットは毎日3枚上限で補充されるほか、1ガチャ2枚で得られます(ついてないガチャも少しある)。
アイドルのレアリティがN,N+,R,R+なら1枚/SR,SR+なら3枚のチケットが消費される。
(レアリティは以上の6種類で、それぞれのコストで大体の強さが決まります)

トレード登録
フリートレードチケットを使い、手持ちのアイドルをフリートレードに出す。(出品できるのはアイドルだけ)
その際、引き換えに欲しいアイドルやアイテムを指定します。
登録はこれだけ。48時間以内にトレードに応じる人が現れたら自動的に取引完了です。
何もなく丸2日たったら手元に帰ってきます。失うのはチケットのみ。

トレード検索
登録されているアイドルを探します。
アイドルのステータスや、トレード相手の希望条件で絞りこめて便利。
出品したプレイヤーが誰かは伏せられ分かりません。(相手を特定して取引するのはゲームの規約違反なので注意)
各アイドルの『詳細を見る』または『トレード可能です』を押すと過去の取引履歴を見ることができるので相場を確認しつつ、都合のいいトレードを探しましょう。

トレード
目当てのアイドル・条件を見つけたらフリートレードチケットを消費して取引(値切りや交渉はできない)。払えない取引はできないし、何回か確認画面を挟むので、間違ってトレードすることはないでしょう。
取引相手にはテンプレでいいので応援しておきましょう。気分がいいです。
稀に見ている間に他のプレイヤーが取引してしまい「このトレードは終了しています」というメッセージが出ますが、この場合は何も消費せずにそこには虚しさが残るだけです。

そして狙いにいくアイドルですが、

・タイプ > 選んだ自分の属性
・レア度 > Sレア+
・コスト > 20
・希望条件 > アイテム

で絞られた出品のうち

・Lv.70
・右上に♪(MM特訓でステータス最高だよというマーク)が出ている
・できたら攻の方が高い
・スタミナドリンク(1)
・(親愛度や人気度はリセットされるため気にしないでOK)
・(特技Lv.は高いに越したことはないですが今回は1でも大差なし)

のアイドルをトレードするのが間違いなくコストパフォーマンス最高です。
理由は近い将来わかると思いますので、とりあえずは信じてください。
10枚ほど揃ったら十分。

また、スタミナドリンクが少ない、あるいは少し高いけど担当のカード買っちゃったという方は
(スタミナドリンク1本などで[スペシャルテクニック]マスタートレーナーを買い、60,000,000マニー程度で売りに出しマニーを潤沢に得たあとに)

・タイプ > 選んだ自分の属性
・レア度 > Sレア+
・コスト > 17
・希望条件 > マニー
・Lv.70
・右上に♪
・攻の方が高い
・1,000,000マニー

のアイドルを好きな数だけトレードするのがいいでしょう。
これも理由はすぐ分かります。まあ言ってしまえば最近のイベントのカードのコストが、ランキング上位報酬24/イベント中入手(強)20/イベント中入手(弱)17 といった感じだから市場に溢れるのです。

余談ですが筆者はいち早くライラさんが欲しかった、あまりにもビビっていたなどの理由で、1000マニーくらいで出品されていたNライラを落札したのが最初のトレードでした。MM特訓して今でも持っています。
慣れるために気になる子をマニー検索して買うのもありじゃないでしょうか。

カードの『コスト』

2-24の数字(トレーナーのカードだけ999)。基本的に高いほうが強い。
攻コストという数値の消費に関わってくるが、攻コストが低い序盤は低コストのカードで組んだほうがいいということはなく、単純に高いコストのカードを多く持っていた方が断然有利。
『プロダクションマッチフェスティバル』(通称フェス)というイベントの時になったら気にかける程度でよいです。

手元に欲しいカード枚数

最低でも育ちきったのが1枚は欲しいです。イベントのためには10枚を速やかに。
最終的には20枚必要になります。
マニーで17コスを買い揃えて敷き詰めるのでも随分よくなります。

え? 気が遠くなる枚数だと思いますか? それが1枚揃えられたら意外とすぐです。
すぐでした。入れ替えるたび目に見えて強くなっていくのが楽しいです。

編成してみる

せっかくアイドルをトレードしたので、その力を発揮してもらいましょう。
マイスタジオの『編成』か、上部タブのメニュー > 編成 で編成画面に飛べます。
ここで編成したフロントメンバーはマイスタジオで顔を見せてくれます

さて攻編成と守編成がありますが、操作するのは攻編成だけでまったく問題ありません。
トレードしたSR+をリーダーやフロントメンバーに配置します。
リーダーは他の人が自分のことを見た時などにも表示されます。お気に入りの子がいたら置いてもいいですが、最初は強くするのを優先した方が気が楽です。主張するのは安定してからでもいいよね。

LIVEバトルについて知る

強くなったら戦えますね!
といっても別にガンガンLIVEバトルしましょうという話ではなく、システムとして知っておいてほしいなという程度です。

LIVEバトルは攻コストを使い、こちらの攻編成で他のプレイヤーの守編成に挑むというものです。
勝利すると

・いくらかのファン獲得
・ほどほどのマニー
・出撃したフロントメンバーに親愛度最大10

を得ることができます。
他にも『衣装』を狙ってバトルというのもありますが、ぜんぜん無視して構いません
ここで気になるのはファンと親愛度。

ファン:毎週(日曜日いっぱい〆)の獲得数に応じて順位がつけられます。PRA(プロデューサーランキングアワード)という名前でメニューから見ることができ、順位報酬としてマイのついてない生スタドリ・生エナドリがもらえるため、それなりに気にしたいもの。でもめちゃめちゃ頑張っても大して報われない。

親愛度:各所持カードに記されてるハートのマークのステータスです。MAXになるとぐっとくる演出が見ることができ、見ると攻守にボーナスがもらえる(逆に言うとMAXでも演出を見ないとボーナスはないので必ず見ましょう)。チュートリアルの項で触れたのはこのボーナスをつけないまま特訓素材にしてしまう非MM特訓への注意喚起でした。

それぞれお仕事・イベントでも稼げます(後述)が、個人的にはLIVEバトルが一番安定しているかなと思います。

さてそこでLIVEバトルを挑む相手ですが、同じレベルのプレイヤー……を選ぶ必要はありません。
本当に全くありません。
このゲームの当初の設計とは違うのでそういう説明になっていませんが、現在ではLIVEバトルで鎬を削る意味はなく、道場と呼ばれる有志のシステムを活用します。
道場とはLIVEバトルに負けるための編成にしてくれている高Lvプレイヤーのことで、更に道場がリスト化されたものまであります。道場巡りともいいますね。
なんでそんなプレイヤーがいるのかというと……実際よくわかりません。後発支援や担当アイドルのアピールといったところでしょうか。ありがたく利用させてもらい、稼がせて貰ったお礼に応援(テンプレートのコメントでも大丈夫)などしておきましょう。

LIVEバトルにあたって出撃する人数なのですが、攻編成の5人+攻コストの余り分だけバックメンバー(自動で手持ちの強いカードが選ばれ、8割の能力値で参加)という選ばれ方をするため、1度のLIVEバトルで攻コストの全てを使うことになります。
(ちなみに最低でも攻コス上限の1/10(端数切り上げ)は攻コスがないと挑むことができない)

これを回避し攻コストの効率よく道場を殴る(攻撃すること)、単騎凸というテクニックが存在します。
手持ちのアイドルをリーダーの1人だけ残し、あとは女子寮に預けるというものです。

筆者も一時期狂ったようにN+高森藍子(人気度5)単騎で道場巡りをしていましたが、飽きました。道場破りのあーちゃんは現在女子寮でお休みされています。

女子寮について

メニュー > 交換 からレアメダルと引き換えに女子寮を建設できます。
メニュー > 女子寮・トレーナールーム と選び、手持ちのアイドルを預けることができます(失われるステータスはないので安心してください)。

レアメダル
Rのアイドルを メニュー > 交換 > 特別移籍 で移籍させると1枚手に入る。なんとSRでも1枚。+がついていると2枚となる。
そのほか、イベントなどで少数手に入る。トレード不可。
用途としては、第1女子寮は最優先で、第2女子寮も早いうちに開放したい。
その後はイベント毎にイベントアイテムが交換できるので、できれば交換して資産を増やしていきたい。

レアメダルの稼ぎ方としては、ガチャで引いたRをバンバン特別移籍するのが手っ取り早いです。
フリートレードチケットが余るようになったら、R+を1,000,000マニー程度で取引して一気に貯めることもできます。

お仕事を進める

お仕事へはマイスタジオからもメニューからも飛べます。
「実行」すると、別に失敗することもなく、スタミナと引き換えに達成度が溜まっていきます。
毎回じわじわと経験値・マニー・ファンが獲得でき、たまにアイドルが所属したり衣装(集めるとRアイドルがもらえる)が落ちたりします。
達成度が100%になったらクリアです。

西へ東へ22地域86エリアが用意されており、初回に限り14エリア目『池袋D』まではスタミナ消費なし、それ以降はスタミナ半分でこなすことができます。
各エリアは更に5セクションに分かれており、チュートリアルを除くと実に425セクションもあります。
この数がなにかというと、各セクションを完了すると振り分けptが1貰えるので、とても大事ですよという話です。

振り分けptについて
マイスタジオで自分のLvの右上に出てくる数字です。
あと新着情報(豆電球のマーク)にも「ステータスを増やせます!」とか通知されますね。早く振り分けろという圧力が見て取れます。
これはステータスへのボーナスを自分で振り分けられるポイントなのです。Lvが上がった時にはステータスは勝手に上がりますので、自分がどういうプレイスタイルにするかというカスタマイズはこのポイントの為せるところです。

振り分け先として選べるのは(Lvが上がることで増えるのと同じく)スタミナ、攻コスト、守コストですが、守コスを伸ばす旨味はほぼゼロです。やめましょう。振り直せる機会は1度しかありません。実質2択です。
というかマイスタジオのステータス表示の配置を見ても重要度の違いは明らかです。

そして最初はスタミナを伸ばすことをオススメします。
理由は単純で、お仕事を進め、Lvを上げるのに都合がいいからです。攻コスを伸ばしLIVEバトルに強くなろうがレベルは上がりません。スタミナ200(自然回復10時間分)に達するまでは無条件で振っていいんじゃないかなと思います。

その先はまあ、お好みで。
スタミナが上がるメリットは感じられていると思うので、攻コスに振る魅力としては「フェスが楽しい」「道場巡り快適」「イベントで攻コス使うとちょっと効率がいい」ですかね。あとは「1分1回復の攻コスを1たりとも無駄にしたくない」とか……?
筆者は全部スタミナに振ってきたスタ極なのであまり分かりません。ライラさんが既にプロダクションマッチフェスで上位報酬になっていたこともありますが、もしフェスで戦わなければならぬ(1度きりの振り直しをする)となってもスタ極で上げたLvが効いてくるかなと思ったからです。スタドリおいしい。
実は『スタミナ=攻コス』前後で調整することは(後述するプロダクション関係で)何度でも可能なので、平均に近く振って調整するのは満遍なく楽しめる方法かなとも感じます。

お仕事の話に戻りますが、以上の振り分けptを獲得するためには早いことクリアしていくのがオススメです。
……オススメなのですが、ちょっとした得をする方法があるのです。

お仕事を進めていくとLvUpすることがあります。なんなら池袋Dまではスタミナ消費なしで進められるため、任意のタイミングでLvUpすることができますね。ここでLvUpすると起こることについて列挙しますと

・スタミナ、攻コス、守コスの上限上昇(高Lvになると1回に1つだけが1上昇)
・上記の全回復
・イベントコストの全回復(EP除く)

注目したいのは一番下です。本来20分に1回復するイベントでのコストが、一挙に全回復します(ぷちコレ用のEPは自然回復しないからか変化なし)。

イベントについては次に触れますが、多くのイベントで『イベント消費→通常お仕事でLvUp→イベント消費→通常お仕事でLvUp→……』というゾンビアタックが可能になります。

LvUpを控えて消費をためらいスタミナを無駄にしたり、通常お仕事を停滞させる必要はありません。さっさと最終エリア福井Dまでクリアすべきです。が、この特攻はちょっとした初心者特権じゃないかなと思います。

イベントに参加する

やっときました! という感じでしょうか。これがないとモバマスではないです。
ここではイベントの概要だけにしますがどう準備し、どう振る舞えばいいのかということをさらいます。

開催中のイベントにはマイスタジオの目立つところのバナーから飛べます。
最初に見た時には『ラウンドログインボーナス』がもらえますが、これは後述。

イベント準備

イベントの説明を読むとか、報酬を確認するとかっていう準備もまあ考えられますが、毎回しなければならないのはイベントのための編成です。イベントトップから少しスクロールするとある『メニュー』みたいなタブから『編成』を選びます。するとイベントごとに多少違えども、ぷちデレラ編成イベントメンバー編成があると思います。

イベントメンバーはフロント(リーダー含める)にプロダクションマッチフェスなら5人、それ以外は10人。
更に加えてバックメンバー10人を設定するイベントも多いです。これがフリートレードあたりで20人欲しいと書いた理由です。コストに関係なく配置できるのでご安心を。
どう配置するかベストを求めるとちょっとだけ複雑になるのですが、「リーダーは必ず特技を発揮するので、強い特技を持つ子をリーダーに」とだけ覚えておけば大丈夫です。残りはオススメとかで。

ぷち編成の方ですが、それについてはまずぷちデレラについてからですね。

ぷちデレラについて

モバマス3周年記念で追加された要素です。上部タブからぷちデレラを選ぶと専用ページに行けます。
最初はチュートリアルから始まり、ニュージェネレーションズのうち1人のぷちをもらえます。いくらか性能のタイプが違っても大差はないのでお好みで選びましょう。自分の属性とは何の影響もないです。

さてこのぷちデレラ、大層かわいいが愛でるだけの要素でなくてですね。
LIVEバトルとイベント効率に影響してくる能力値を持っています。更に言えばぷちデレラコレクション(通称ぷちコレ)というイベントになると主役です。
そのため育成をするのですが、カードと違ってひと息に成長させることができません。実時間がかかるレッスンを指定しては放置、指定しては放置でポイントを溜めていきます。
つまり早めの着手が鍵ということです。1度にレッスンをできるのは3ぷちなので、まずは頭数を揃えるのが肝要です。

ぷちデレラの入手法なのですが、現在では2通りあって

・ガチャでSRを引くとついてくることがある
・ぷちデレラ養成所でスカウトメダル100を支払い好きなぷちを獲得

運良くこれまでのドリンク稼ぎやキャンペーンのSR確定チケットでぷちを得られていたら重畳で、そうでない時は養成所から連れてくるわけですがスカウトメダルなんて持ってないですね。
1回だけならスターエンブレム10個でスカウトメダル100と交換できるので、ぜひ。

スターエンブレムについて
イベントなどで手に入る。トレード不可なのでじわじわ溜めるしかない。
メニュー > 交換 > スターエンブレム で見られる使い道は多くあるように見えるが、優先して取るべきはアピールボーナス、振り分けpt、スカウトメダル100枚、担当アイドルの肩書程度しかない。じわじわと余ってくる。
他にもアニメ関連コンテンツ(フライデーナイトフィーバー/火曜シンデレラシアター)の景品やラジオの開放、ゲームセンター専用のメダル50を得るなどの用途もある。……一応1000枚あればライラさんを一人スカウトできる。

ぷちの育成ですが、レッスンしてLvをあげつつ、そこで得たポイントを使ってテクニカルボードを開放していくという流れになります。特段これが最適というのはなく、自分の管理できる時間のレッスンを選んでいけば大丈夫です。
ただしテクニカルボードの開放はまず1人に集中させるのをオススメします。理由があって、全てのボードを開放(テクニカルptが22000くらい必要)するとステータスにボーナスがつくのです。

イベントなどにも育成と同じく3人が能力を発揮します。というか4人目以降はバックメンバーになったりしないので、ステータスボーナスのかかるパラメーターに応じて入れ替える程度にしかなりません。とにかく3人完成させればあとは適当にやれます。

他の強化要素として装備のような『ぷち衣装』がありますが、これはイベントやガチャで増えていくのであまり気にしなくて大丈夫です。数が足りないなら、火曜シンデレラシアター(第3回,第7回,第11回,第14回,第19回,第23回) や メニュー > 資料室 > フライデーナイトフィーバー(#4,#6,#SP,#9,#11,#13,#20-23,#SP2,#24,#SP3) から、スターエンブレムを消費してぷち衣装を揃えるといいかもしれません。

イベントの話に戻りますと、ぷちデレラのイベント編成。これはもう『一括』ボタンでおよそ間違いないです。イベントで強化されるステータスも加味してくれる(はず)なので、迷わなくても大丈夫。

ぷちコレ以外は。
ぷちコレはピックアップされるステータスに特化したぷち1人、それ以外はおまかせで2人でいいでしょう、とだけ記しておきます。

イベントで得られるもの

イベントに臨むにあたって、初心者でも熟達者でも目標を立てた方が効率よく動けます。
そのために、どんなものが手に入るか把握しておくのも大事かと思います。

中間+最終ランキング上位入賞報酬:目玉となるアイドルやぷち衣装、ガチャチケットなど。大目標といっていいです。中間はあったりなかったり。最終ランキングは3つの大まかなラインがあり、目玉アイドル2枚取りの200位、1枚取りの2000位、目玉アイドルが当たる可能性のあるガチャチケットの7000位です。ぷち衣装の数やチケットの豪華さでいくつかの区切りはありますが、この3つのボーダーラインが非常に明確であるため、目標として設けられることが多いです。
メダル報酬:イベント参加で手に入るメダルで回す福引みたいなものです。強めのSRや☆3のぷち衣装が当たりですが、各種ドリンクやスターエンブレムなども入っており美味しい。カメムシと呼ばれるトレーニングバッジはここでしか手に入らないハズレです。慣れてくると1箱空けられるようになり、安定して資産が増やせます。
ラウンドランキング報酬:1日などの単位で区切られた中で、偶発的に分けられたグループ内での個人ptに応じて順位がつき、報酬がもらえます。ドリンクとメダルなどがもらえる美味しいイベントと、集めて景品と交換できる引換券くらいしかくれないイベントがあります。何言ってんだこいつみんな同じ条件なんだからうまいもなにもあるか、と感じるかもしれませんがラウンド報酬でドリンクがもらえないということは「ラウンド頑張る→報酬で補充」の自転車操業ができず、過去の資産を持っている方が有利に働くというのを近く実感することになるでしょう。
ラウンドpt達成報酬:ラウンド中に自分の稼いだptに応じて様々な景品がもらえます。毎ラウンドもらえる上、景品のもらえるptは2次関数的な分布になっており途中までは非常に楽に獲得できます。ジュエルなども入っており、はじめはラウンドランキングよりもこちらを1日の目標にした方が楽しいと思います。
チーム関係:勝利数や最終チームランキングで報酬が出ますが、自分で募集したり応募したりしてチームを作るので(上位報酬目当てに)身の丈に合わないチームに行くのは道義に合いません。知り合いや同担、初心者歓迎のチームが探せるのでまずは慣れましょう。

イベントでの振る舞い

(個別のイベントに触れることはしません)

その日はじめてイベント画面に行くと、そのラウンド(当日でなく、21時ごろを区切りとする1日が多い)の間だけ使えるアイテム(ラウンド専用アイテム/R専などとも呼ばれる)が貰えるので、それを使い切ることを忘れなければ大丈夫です。
そうすると各ラウンドで稼いだptに応じた報酬がガッツリもらえてかなり助かります。最初はジュエルのptまで、いけそうならガチャチケットまで……と戦力に合わせて稼ぎの目安にもなります。毎ラウンドSR10%チケットまで稼げたら、最終ランキング7000位に入っているでしょうし、シンデレラガール総選挙の期間には追加の選挙権を回収しきれることでしょう。がんばって。

序盤におけるテクニック『デバフ』
イベントによっては、こちらのイベント編成で相手と殴り合ってptを得ます。相手の攻撃によって気力やら体力が奪われるわけですが、場合によっては味方がやられてしまうことも起きます。そうすると、その分だけ稼げるptが減ってしまうことになります。
戦力が揃ってくるとこちらの「攻守アップ」(味方の強化をバフといったりします)の効果だけで持ちこたえられるのですが、序盤はバンバンやられます。そこで「攻守ダウン」(デバフ)の特技を持つアイドルをリーダーにセットすると、こちらの生き残り確率が格段に上がり安定します。

1度フリトレでチェックしてみて欲しいのが

Cu: [うたのおねえさん]持田亜里沙+
Co: [ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香+
Pa: [無防備☆ガール]喜多見柚+

自分の属性のアイドルを見てください。フリトレでは

・アイドル名 > (ありさ or ほのか or ゆず)
・レア度 > Sレア+
・コスト > 19
・Lv.70
・右上に♪
・マニーいくらでも/スタミナドリンク(1)
・特技Lvが高い方が良い。

これらのカードは恒常のガチャから出るためお手頃な価格になっており、イベントの種類によりますがそこそこ活躍の場があるカードです。ぜひ検討を。
※ 「リーダーにセットすると」と書いたのは、リーダーの特技は必ず発動するようになっているためです。特技Lvは発動確率には関与せず、効果の高さがLv1につき1%上昇と言われています。最大で12ですが、普通に上げられるのは10まで。

メダルガチャ

またメダルやアイテムで福引ができるのですが、イベントによって中身や回しやすさが違うことを踏まえつつオススメする目標があります。
各種ドリンクやチケットもおいしいのですが、メダルガチャの目玉は「イベントSR(強)」「☆3ぷち衣装」(ないときもある)だと思います。早めにSRを引けばイベントが有利に進められますし、ぷち衣装にはトレードがないので数ヶ月後のイベントで1回復刻するくらいしか再入手の手段がないのです。
なかなか最初は数を回せないかもしれませんが、この2つを目標にしたいですね。SRを引くと景品をリセットすることもできるのですが、基本的に最初の景品の方が割がいいです。最初のガチャを回しきることを箱を空けるなんていったりしますが、できるようになると資材の溜まり方が良いです。(もし早めにSRを引けても、☆3ぷち衣装を取らずにリセットはおすすめしません)

プロダクションについて

イベントによっては『攻コス消費でプロダクションメンバーの参戦』というコマンドがあります。稼げるイベントptがアップするのですが、呼べる味方がいなければできません。プロダクションに入りましょう
プロダクションについては、加入に際してはなにも難しいことはありません。ノルマを設けているプロもありますが、大概は「これからがんばります!」という人材の方が欲しい状況です。プロダクション代表の方のプロフィールを見て、応援してメッセージを飛ばしてみましょう。

担当アイドルが決まっている方は、特定アイドルの担当ばかりが集まっているプロダクション(通称嫁プロ)を探してみるといいでしょう。『モバマス嫁プロリスト』と調べれば出てきますし、リスト化されたスプレッドシートもあります。Twitterではモバマスイベント終了時に”#担当プロ宣伝mmdd“(mmddは日付 5月21日なら0521)というタグで活発な勧誘をしているところを探すことができます。

またプロダクションの人数の2倍だけ振り分けptがもらえるので(40人までなので最大80も!)、序盤のお役立ちっぷりったらありません。
プロダクションメンバーからの支援を受けたりもできるので、ぜひ。
筆者は最初、Mobageの掲示板で募集があった初心者歓迎のプロダクションにお邪魔しました。
現在は並木芽衣子さんの嫁プロに所属しています。ライラさんの嫁プロ……。

イベントのまとめ

とりあえずラウンド専用を使って参加をしてみよう! すぐ慣れて効率を考える余裕ができます。

大きな目標としては1度でも最終ランキング7000位を取ってみることです。上位を5%で当てることができるので、担当が来た時にも一縷の望みをつなげられる……という自信になります。
筆者は知り合いのPがおらず支援はなかったのですが、がんばってみたら1ヶ月くらいの時に7000位内に入れました。5%チケはもちろんマストレさんでした。油断したのか次の挑戦では7020位くらいに入賞しましてモバマスを辞めかけました。楽しくやりましょう。

おわりに

こんなところで『モバマス実践 ゲームと資産編』を一旦締めようと思います。
デレステから入って「なんだこれ……」となった時のことを思い出して書きました。できるだけゲームとこの記事で完結するようにしたのですが長くなってしまいましたね。
もし続くのだとしたら『モバマス実践 キャラを愛でる編』になるでしょう。むしろ誰か書いてください。

この記事のアップデートもするので「これが分からぬ」「担当がイベに来たのではじめました何したら……」とか、そういうお声をお待ちしています。

こんなところまで読んでいただいてありがとうございました。モバマス楽しいですよ! ね!
モバマスはじめましたーって報告をいただけたらちょううれしいです。

ひよまる(ライラさんP)@HiyomaruP

トップへ戻る